MENU

プロジェクト紹介

金沢東部地区社会福祉協議会

金沢区
金沢東部地区社会協議会
プロジェクトの種類
マーケティング基礎調査(住民ニーズ調査)
プログラム
ハマボノ
進捗率
進捗率15
金沢東部地区社会福祉協議会(地区社協)は、金沢東部地域の福祉課題を、地域住民自身がその課題の解決に向けてお互いに協力し合う住民組織です。地域住民の代表、民生委員・児童委員、などから成り立っています。
自主事業として、庭木の剪定・草刈り、簡単な家事手伝い、乳幼児の遊び広場の提供、青少年の健全育成で社明運動やボランティア育成などを運営。また、他の地域団体に対する支援事業として、にししば土曜塾の開催、谷津坂文庫、放課後の居場所「スペース谷津坂」の開催などを支援しています。

多岐にわたる地域支援を行っているものの、社協の活動として認知されていないことが多く、認知度不足からボランティアが思うように集まりません。(左記の理由から、地区社協認知度向上を目的としてシンボルマークを2022年3月末完成予定)

そこで、ハマボノでは、地区社協に対する住人の認知度やボランティア参加ニーズ調査を行い、認知度向上とボランティア数増加に向けた施策を検討します。
(認知度向上の施策には、出来上がったシンボルマークの活用方法の検討を含みます。)
進捗状況
リーダー:
梶谷さん
メンバー:
上條さん 鈴木さん 高沢さん 田代さん 

2021.09.11

チーム初顔合わせとなるオリエンテーションを実施しました。
今後の進め方の確認や、プロジェクトゴールの確認などを行いました。今後キックオフに向けて、団体に聞きたい事項のまとめや、プロジェクトの進め方などを検討していきます。

2021.09.23

キックオフの準備のためにチームミーティングを行いました。

2021.10.02

キックオフミーティングを実施し、プロボノチームと支援先団体、支援者の皆さんとの顔合せをしました。プロボノチームが事前に整理をした質問やご提案をご説明し、活動への理解を深め、今後の流れの確認をしました。

2021.10.02

キックオフ終了後に早速チームでミーティングを行い、今後の作業について整理しました。

2021.10.09

団体が地域住民向けに行うイベントに参加し、活動の様子を見学しました。

2021.10.10

団体へのヒアリングとチームミーティングを実施しました。

「マーケティング基礎調査」で支援したその他のプロジェクト
ページのトップへ戻る